180610WS

この歌声が、生き抜く力。

そうだこれだったんだ@4x-8.png

ゴスペルに憧れながら@4x-8.png

190127アートボード.png

190127日付@4x-8.png

前回(2018.6.8-10)参加者のご意見抜粋

このワークショップに参加した人にしか感じることができない、言葉では説明できない「何か」を感じさせ続けてくれた三日間でした。-中略- 多くの人にストークスのワークショップを受けてほしいとも思います。

Stokesさんのsoulを感じ、涙を抑える事が大変でした。-中略- 自分の信念を改めて再確認できましたので前進できそうです。日本の環境に押しつぶされる寸前でしたので感謝します。

3日という限られた時間の中ですごく濃密な経験が出来ました。ただ歌うのでなく、心から音楽を創らないといけないというストークスのメッセージが響きました。選曲もバリエーションがあり、ゴスペルのかっこよさ、清らかさ、奥深さ、楽しさ、色々な面を感じることができました。

120人の心からの声がひとつになった時、魂が震え、鳥肌が立つという経験を生まれて初めて経験しました。涙が止まりませんでした。未だに興奮から覚めません。

前回参加者の「イベント全体の満足度」アンケート結果

180610イベント全体の満足度を教えて下さい@4x-8.png

ノンクリスチャンの日本人の自分が今まで「ゴスペルクワイアに所属しています」と言っていることに対してずっと感じていた違和感が、この日でクリアになりました。私はゴスペルが大好きだし、ブラックカルチャーに対する敬意を持っていますが、私はゴスペルシンガーではなく、パワーコーラスシンガーというべきなのだなぁと。

宗教的な言葉は一切なかったのに、えもいわれぬ神聖な気持ち、魂が震えるような、まさにゴスペルを体験させてくれた、身をもって教えてくれた印象です。 -中略- 人生を変えられた、と思います。こんな方には出会ったことがありません。

事前に曲目を知りたいと思っていたが、参加者が同じ状況で、初めて会場で合わせるからこそ、そこで作り上げられる音があることを知った。 -中略-また参加したいし、この感動を友達にも知らせたいと思う。

ゴスペルと見せる音楽の違いがわかりました。やはりベースの違いは大きいです。

ストークスさんから発するパワーがもの凄く、固まった私の心を溶かしていきました。その場に賭ける切実さが、神に繋げ人を生かしていくのだなと感じました。

MD Stokes 題字_1@4x-8.png

米ゴスペル界最高権威「ステラ賞」プロデューサー・オブ・ザ・イヤーに2回のノミネート。日曜は複数の教会のミュージックディレクターを兼任しながらビルボードチャート週間一位を生み出すという、スタジオシーン、教会シーン、二つの異なるゴスペルの現場双方におけるエキスパート。
1996年に来日し、1999年に日本を離れるまで、アメリカ人、日本人によらず、日本のゴスペル市場の多くのゴスペル人に影響を残した。

MD Stokesプロデュース(本人役キーボード奏者で出演)によるステラ賞ノミネート作品。

MD Stokes & Victorious Praiseによる、ビルボードゴスペルチャート17位作品。

taro_d.JPG

案内人/通訳:木島タロー

一般社団法人パワーコーラス協会代表理事
在日米海軍契約ゴスペルミュージシャン
国立音楽大学リトミック専修卒
国連英検A級

1996〜1999年当時、日本にありながら会衆数百人をほこった在日米空軍の黒人教会があり、そこで当時週4回を数えたリハーサルと礼拝で、MDストークスの背を追いながら3年間に渡りゴスペルを学ぶ。

ワークショプの大部分はMDストークスによって行われますが、発音や文化的補足など、日本人に必要な一部項目について、木島タローが講師をつとめます。

「ゴスペルには歴史と文化があり、その現場がある。
だから、現場から学ばなければ嘘になる。」

これを合言葉に、米ゴスペル界のトップランナーであるMDストークスを迎えて行われた、第一回「現場式クワイアーワークショップ」。

3日間に渡り、総数120名ほどの方が参加し、ストークスの指導で感動を分かち合いました。

今回もまた前回同様、集中した学びのために、最終目標はコンサートではなくレコーディングとし、その録音を動画とともにYouTubeで発表する予定です。

ワークショップスケジュール

Day3Emblem@4x-8.png

Day 1

トラディショナル

黒人霊歌の時代から連綿と続くゴスペルの歴史の中でも、まだまだアメリカの黒人の暮らしが厳しかった時代から続いてきた伝統的なスタイルのゴスペルを学びます。
プロデューサーやエンジニアとしてヒットチャート内で活躍する今も、日曜には2つの礼拝を掛け持ちして演奏するストークスが伝える、「教会」という現場からの音楽です。

スタート 19:00
終了予定 21:00
(終了時間は多少ずれる可能性があります。)
場所:新宿村スタジオ/セントラル棟B205
場所はこちら

Day2Emblem@4x-8.png

Day 2

コンテンポラリー

今日も発展し続け、「今やアメリカの全てのジャンルの音楽がゴスペルの影響を受けている(ストークス)」と言われるほどに洗練されたサウンドを見せるゴスペルヒットチャート。
その最前線でプロデューサーやエンジニアとして活躍しつづけるストークスが伝える、現代の「スタジオ」という現場からの音楽です。

スタート 18:45
終了予定 20:45
(終了時間は多少ずれる可能性があります。)
場所:牛込箪笥区民ホール(大江戸線「牛込神楽坂」駅 A1地上出口となり)

Day1emblem@4x-8.png

Day 3

ワンデイ・ブートキャンプ

この日1日で、新曲を一つ学習し、そのレコーディングまで行います。
Day1, Day2, で学んだ楽曲も、この日にレコーディングを行います。
休憩をとりながら、デモ演奏、Q&Aまでを含み、6時間にわたるセッションとなります。

ミュージシャン:

  • 佐藤由(オルケスタ・デ・ラ・ルス) Drums
  • 加部輝 Guitar
  • 長谷川慧人 Bass
  • Notch(Keyboard, 未定)

録音エンジニア

  • 富正和

デモンストレーション

  • Dreamers Union Choir feat. MD Stokes

スタート 13:00
終了予定 19:15ころ
(終了時間は多少ずれる可能性があります。)
場所:牛込箪笥区民ホール(大江戸線「牛込神楽坂」駅 A1地上出口となり)

本ワークショップの内容は全日程において 高校生程度以上の大人を想定していますので、お子様料金は設けておりません。ただし、大人と同じ態度でご受講いただけるお子様に限りましては、年齢による受講の制限をいたしません。
※本ワークショップは録音と動画の一般公開を前提としており、受講者は動画に映り込みますことをご承知おきください。

全体スケジュール概要

(細かい点は変更になる可能性があります)
190127_TimeTableVer1.jpg

受講プラン

※販売は、トータルパックから開始します。トータルパックの販売数によっては、他のプランの販売が少なくなるか、なくなる可能性がありますことを、ご了承ください。

Day1のみ
¥4000

1/25 だけのご参加です。伝統的なゴスペルを学ぶワークショップとして十分に楽しんでいただけます。

Day2のみ
¥4000

1/26 だけのご参加です。先進的なゴスペルを学ぶワークショップとして十分に楽しんでいただけます。

One Day Boot Camp
ワンデイ・ブートキャンプ
¥7200

1/27 だけのご参加です。6時間以上にわたるセッションで、多くのご体験をしていただけます。Day1, Day2の受講者がレコーディングする時間帯は、ご見学となりますが、そのお時間もまた、大切な学びの時間にしていただけると思います。

190127_3days.jpgTotal Pack(Day 1, 2 & 3)
トータルパック
¥12500

3日間を通しての受講の中で、ゴスペルの深みとストーリーが見えてきます。
最終日は全てのレコーディングに参加していただきます。ぜひ、このプランでのご参加を推奨いたします。

190127_Day1and3.jpgTraditional Pack
トラディショナルパック(Day1 & 3)
¥9000

1日目に伝統的なゴスペルを学び、最終日には、さらに別の曲を学んでいただきます。最低2つのレコーディングセッションに参加していただきます。(2日目のセッションには参加しないプランです。)

190127_Day2and3.jpgContemporary Pack
コンテンポラリーパック(Day2 & 3)
¥9000

2日目に先進的なゴスペルを学び、最終日には、さらに別の曲を学んでいただきます。最低2つのレコーディングセッションに参加していただきます。(1日目のセッションには参加しないプランです。)

Power_Chorus_Assoc_letters.png
一般社団法人パワーコーラス協会では、専門性が高く、かつ、キリスト教活動を目的としない方にも受けやすいゴスペルワークショップのご用意を目指します。

前回ワークショップのレコーディング作品(再生リスト)

曲が終わると(もしくはスキップすると)次の曲に飛びます。

表紙のサンプル.jpg

MD Stokes 現場式クワイアーワークショップSelection 2018

クワイアー譜俯瞰.jpgコード譜上から.jpg

2018年6月のワークショップで学習した楽曲の楽譜を作成しました。

クワイアー音とコードの楽譜です。
YouTube上のバンド音源などと合わせてご利用ください。
※ご注意ください!! 2019年1月のワークショップの楽曲集ではありません。

Song 1: Makes Me Wanna' Shout
- iOS app. "PRIME"用のトラック無償提供あり。
アンケートにお答えください
- コード譜あり。

Song 2: He's Here to Make You Whole
-パワーコーラス協会動画にバンド音あり

Song 3: Even me
-パワーコーラス協会動画にバンド音あり

Song 4: I Will Stand
-パワーコーラス協会動画にバンド音あり
- コード譜あり。

Song 5: Changes
-Loop Community でのトラック販売計画を進行中。

¥1,500
詳しくはこちら。
Power Chorus The Shop