Sounds Of Blackness

Power Chorus 協会 ウェブサイトMenu

スティービー・ワンダー、ルーサー・ヴァンドロス、クインシー・ジョーンズ、マイケル・ジャクソン、プリンス、アレサ・フランクリン、エルトン・ジョン、サンタナ・・

 彼らがそのプロジェクトに参加して来たアーティストには、身震いするような名前が並ぶ。ハイクオリティーなクワイアーがゴスペル界には溢れる現在でさえ、このようなクワイアーは他に例を見ない。オバマ前大統領夫妻やジャネット・ジャクソンもSoundsの大ファンであると公言する。

 アメリカの「ゴスペル音楽史」にではなく、「音楽史」に大きく名を残すクワイアーがたった一つあるとしたら、それは The Sounds Of Blackness であろう。

 「有名なゴスペルディレクターの一人」、「有名なゴスペルグループの一つではなく、人が Gary Hines と Sounds Of Blackness にだけ惚れ込む理由がある。

evolutionofgospel.jpg
Grammy Winning:
The Evolution Of Gospel
by Sounds Of Blackness

*1: 1992年Best Gospel Album by Choir or Chorus. LinkIcon参照
*2: Stellar Award, International Time For Peace Award, Soul Train Award etc..

「黒のサウンド」と名付けられたアート。

グラミー受賞のゴスペルさえ、
包含するカテゴリの「一部」

 ゲイリー・ハインズが実に19歳の時から指揮して来た、大学のクワイアーに端を発するグループ、The Sounds Of Blackness。レコード契約の為に、当時印象が良くないと指摘された「Blackness」の言葉をアーティスト名から外してくれ、というメジャーレーベルの要求にゲイリーは応じなかったと言い、それが彼らを遅咲きにしたという。

 Gospel, R&B, Jazz, Blues, Spirituals(黒人霊歌), Rock, Hip-Hop, Soul、それが彼らの言う彼らのジャンル。これらのジャンルを一言で言表す言葉が、彼らのグループ名、The Sounds Of Blackness (黒のサウンド) という事になる。やっと黒人が法の下の平等を手に入れたばかりの激動の時代を駆け抜けて、メンバー達は黒人の尊厳と伝統のメッセンジャーである誇りの為に歌い続けた。その彼らのサウンドに惚れ込み、グラミーアルバムの制作へと導いたのは、その時までにジャネット・ジャクソンを初のチャートトップへ押し上げていたプロデューサー達(ジャム&ルイス)であった。

 尚、この後ショービジネスのトップステージへ駆け上るSoundsメンバーだが、グラミー受賞の時点でさえ、メンバー達は馬の調教師、弁護士、軍人など、昼間の仕事を持ちながら活動を続けていたと言う。

無論、トップ「ゴスペル」アーティストでもある事。

 彼らをゴスペルクワイアーとして見れば、特に日本においてはその知名度が高くない事は奇妙な事実。他のゴスペルビッグネームの陰に隠れている印象があるが、日本のゴスペルクワイアーで好んで歌われる「Hallelujah (A Soulful Celebration)」で、多くの人はその声を聞いているだろう。名だたるアーティストの参加で制作されたグラミー賞アルバム「Handel's Messiah: A Soulful Celebration」の最後を飾るこの一曲は、チャカ・カーン、アル・ジャロウ、ヴァネッサ・ウイリアムズ、Take 6らと共にThe Sounds Of Blacknessが歌っている。
 日本のゴスペルファンにもお馴染みの年刊ヒットオムニバスWOW Gospel。その1998には、God Caresが収録されている。

 ゴスペル曲を書いて歌えば、確かにヒットする。しかし、彼らはそこには留まらない。

Hallelujah、於ステラ・アワード (ゲイリー、Sounds、共にクワイアー内)。
 アメリカのゴスペル史に永遠に名を残すであろうこのアルバムの9曲目、「For Unto Us a Child is Born」は、ゲイリー・ハインズその人のプロデュースで、Soundsの作品となっている。これが、彼がグラミーにからんだ2作目。

「ゴスペル音楽の最前線」ではない
「音楽の最前線」にいるのだ

トップアーティスト達との共演

 前述の通り、Soundsは多くのトップアーティストを支えて来た、いわゆる「ファーストコール」(最高のクオリティーを求められるイベントでまず声がかかるハイランクのミュージシャン)のクワイアーだ。
 そのようなクワイアーが他に無いのは、彼らのパフォーマンスとサウンドのクオリティーの高さだけが唯一の理由ではない。それ以上に、彼らがゴスペルと教会の中にとどまらないアーティストである事を証明して来た事が大きく影響している。

ゲイリー & SOB参加アルバムの一例:
Prince_Batman.jpgConversationpeace.jpgjanet.jpg
左: Batman / Prince
中央: Conversation Peace/Stevie Wonder
右: Janet / Janet Jackson


NAACP Award for Aretha Franklin, With Jordin Sparks (American Idol). ゲイリーはコンダクター。



ジミー・クリフの名曲、Many Rivers To Cross



The Gospel Songs Of Bob Dylan (1:52〜ゲイリーインタビュー)

教会の中からではなく、
外からゴスペルを包み込むメッセージ

奇妙なチャート

 もちろん、ゲイリー本人がスピリットに溢れたクリスチャンである事は、その楽曲や言葉の温かさから伝わって来る。そうでなければ、そのゴスペルが本物になる訳がない。

私は自らを信じる
何故なら天からの力が
私を助けてくれると知っているから
彼を賛美する言葉のいくつかで
奇跡と夢が現実になる

Sounds Of Blackness "I Believe"


しかし、明らかにゴスペル性を含んだこの楽曲は、興味深い事にbillboardのGospelチャートにはランクインせず、その代わり Dance/Club Party Musicチャートの1位(1994年5月)、そして全ジャンルにわたる「HOT 100」にもランクインしている。

君の夢を皆が無理だと言うだろう
でも空を見上げ続ける限り
どんな障害も乗り越えて行ける

Sounds Of Blackness "Optimistic"。



 一方、この楽曲は聖書に基づく言葉を含んでいないが、グラミーゴスペル賞受賞の「Evolution of Gospel」に収録されている。それでもやはりGospel チャートにはランクインしない中、R&B/HipHopチャートの3位(1991年8月)、Dance/Club Party Musicチャートの17位を記録している。

 実は、こう言った楽曲を、教会外の大衆におもねる「クロスオーバー(中間色)ソング」と呼んで、その曲や、そう言う曲を好んで歌うゴスペルアーティストを蔑んだり敬遠するクリスチャンが、教会には決して少なくないのだ。

 しかし、彼らのメッセージは止まらない。

朝日のように輝き君を癒すのは、
いつも女性の働き・・

"She Is Love"
(黒人ドメスティックバイオレンス問題協会とのタイアップソング)

しっかりしろよ、どうにかなるさ
全て、上手くいくよ

"Hold On, Change Is Coming"

インスピレーショナル

 実は、彼らのやっている音楽は、アメリカでは "Inspirational" と呼ばれる種類のものだ。日本では耳慣れない。サウンドの系譜と精神性はゴスペルに由来するが、賛美の言葉やキリストの名前は登場しない。だが、それは決して大衆におもねる為に宗教色から逃げているのではない。「どんな信仰を持つ人々とでも歌える歌」へと、姿を変えて行くのだ。

 これこそがゴスペルの遺産を生かしてゆく、進化形となる音楽だと僕は考えている。

 こうして彼らは、ゴスペルアーティストとしての成功からポピュラーアーティストの世界へと足を踏み入れて来た。

 これが、日本では分かりにくい Inspirational という言葉に代えて、僕らがPower Chorusと呼んでいるジャンルだという事になる。

 果たしてSoundsをゴスペルグループと呼べるか、また、信仰溢れる言葉こそが価値の中心とされるべきゴスペルという音楽にあって何故「黒人サウンド」である事にこだわり続けるのか、という議題に面して、ゲイリーは答える。
「原始のアフリカ文化においては、人は行動の全てに神を表した。神の音楽は、西洋文化でするように教会の中でだけ行なわれるものではない。もし一つの音楽ジャンルに自分を縛ってしまったら、(神に)与えられた経験の全てを表現する事は出来ない。」

だからこそ、サウンドとパフォーマンスの完成度で勝負して来た

 Jesus!(イエス・キリスト!) と歌い叫べば、教会では歓声で迎えられる。それは時に、最も簡単に教会で歓声を得る手段でさえある。
 多くのゴスペルクワイアーが教会の賛同を得る事でまずリスナーを獲得する事が必須である中、Sounds がそのサウンドと独自の信念に基づいた全く違ったメソッドを歩いてこの地位を確立したのであろう事は想像に難くない。
 そうして追求した演奏者としての完成度と自立性が、クオリティーが最優先されるショービジネス界の住人の注意を引き、Soundsをポピュラーのトップフィールドに出入りする唯一のクワイアーとしているのだろう。
 これは、時に彼らを「孤高」の、あるいはゴスペルチャートにおける「無冠」の存在としている要素でもある。

レジェンド

 確かなクリスチャンアーティストとしてのスタンスと実績を持ちながら、教会の権威に頼らずに発信する自らのメッセージを持つ、確固たる、いちアーティスト、いちジャンル。

 頼ったのは自らの音楽性と、その完成度。

 だからこそゴスペルに縛られずにショービジネスの最先端を闊歩する資格を持つ唯一のクワイアー、The Sounds Of Blackness。

 今日、教会/ゴスペル界では洗練されたゴスペルアーティストが群雄割拠し、彼らの多くが、アメリカの「ゴスペル史」に名を残すだろう。

 しかし、アメリカの「音楽史」に名を残すクワイアーがたった一つあるとしたら、それは、ゲイリー・ハインズとSounds Of Blacknessをおいて他にない。

Soundsの功績へSkip..CLICK.

garyhines1.jpg
出会い ・・
「禅」の一文字

※ここでは、Power Chorus 協会設立に先立つこと8年前、Dreamers Union Choir を主催する木島タローが、Sounds Of Blackness と Gary Hines に出会ったきっかけをお話しさせていただきます。

Billboard Live での出会い

zen.jpg意識せずに17の時からそのサウンドを聴いて来た、The Sounds Of Blackness。Billboard Live Tokyoでの彼らのライブは他のどんな来日アーティストよりハイクオリティーで、強烈で、最高だった。

 ライブの後、サイン会の為に着替えて客席に現れた彼らのディレクター、ゲイリー・ハインズのTシャツは僕を驚かせた。彼の胸には大きく「禅」という筆文字が描かれていたのだ。客席には僕も顔見知りのクリスチャン達がいた。

 Sounds を"R&Bグループ"と捉える多くの日本人達にとっては、ただ単に日本人向けのサービスの一つに見えただろう。そして、彼らを「ゴスペル」グループだと思って足を運んだクリスチャン達の目には、彼がその文字の意味を正確に知らないか、もしくはクリスチャンとしてちゃらんぽらんだと映ったかもしれない。

失礼な質問

 僕はゲイリーに近寄っていってipodケースの裏にサインしてもらい、ありがとうと言って立ち去ろうとし、一歩引いてから立ち止まり、その一歩を戻って、尋ねずには去れないと決心した事を、尋ねた。

「失礼ですがそのTシャツ、意味を分かって着ていらっしゃるんですか?」

 まさに失礼なその質問に踏み切る衝動を、僕は押さえられなかった。アメリカ人は自分で意味がよく分かっていない漢字を身につけたりタトゥーにしたりする事が時折ある。意味が分かっているなら、日本人サービスなどという理由で "異教" の教えを身につけるゴスペルアーティストはいない。日本人の人気はとれても、クリスチャン仲間を失ってしまうし、神はそんな事を喜ばないとさえ考えている。

 ゲイリーは顔が大きく横に広がるほどの笑顔で答えてくれた。「勿論知っている。仏教における精神の平和に至る為の道の事だ。我々はみな兄弟として平和な世界を造っていかなくてはならない。」

希望と、交信の始まり

 これほど名の売れたクリスチャンアーティストの中にもこんな人間がいるのだ、という思いに僕の心は震えた。ゴスペルには何よりも魅せられて来た。聖書についても学び、この音楽の専門家になった。だが、学べば学ぶほどこの音楽が、「たった一つの正しい宗教」という考え方のもと他の人々をその宗教に導く為の音楽であるという事を痛感して来た僕は、教会と世界の狭間をうろついていた。

 長年の黒人教会生活の中で、教会人たちからは決して得られなかった期待を初めて僕はこの胸に得る事が出来た。

 僕は、我が師にして親友であるM・D・ストークス以外では、世界でたった一人惚れ込めるクワイアーディレクター、ゲイリーとの交信を始めた。

再会へ・・

Tribute To The Sounds Of Blackness

 Dreamers Union Choir(DUC)の2ndアルバム、New Chaperには、Sounds Of Blacknessに捧げる、と副題を打った一つの曲が入っている。僕はこのアルバムをアメリカのプレス会社から直接ゲイリー本人に送ってもらった。聴いてくれたゲイリーは、大変高い評価をしてくれた上、New Chapterをゲイリー・ハインズが高く評価してくれている事を公にして構わないと言ってくれた。


newchapter_jacket_bygrab.jpgメールのやりとりの中、僕自身が黒人の師匠、黒人の牧師、黒人の仲間に学んだゴスペルミュージシャンである事、しかしそれでもなおDUCがゴスペルクワイアーとは一線を画している事、それらを伝えて行った。

申し出

 DUCのシングル曲「Star People」の動画を僕からゲイリーに届けた後、たった17人のこのクワイアーを指揮する為に日本へ出向く事に興味があると言うゲイリーの言葉を、にわかには信じられなかった。
 DUCは単立のアーティスト・クワイアーだ(この時点ではPower Chorus は今のようには展開していなかった)。
 ゴスペルの世界でよくあるように、支部を持って来日ディレクターのワークショップを大々的に広告して行なうようなクラス組織でもキリスト教会組織でもない。

 僕らは確認しあった。

 ゲイリーは、大きなイベントや大きなワークショップの為にではなく、それがDreamers Union Choirであるという理由の為に来日する。

 DUCは、彼が有名なディレクターの一人だからではなく、それが他の誰でもないSounds Of Blacknessのゲイリー・ハインズだからその指揮に憧れる。

 出会いから2年以上がたっていた。

この音楽の未来へ

 どんな「ゴスペル」クワイアーにも吹かせる事が出来ない風をゲイリー・ハインズと吹かせる、そのアイディアに、DUCメンバーは興奮した。

 様々な経済的なわがままを聞いてもらい(そのほとんど全てに彼は快くOKしてくれた)、ワークショップが行なわれ、ゲイリーは、「共に世界を変える、Sounds Of BlacknessとDreamers Union Choirの、これは結婚の始まりだ。」と、楽屋で口にした。


 彼が帰国してから1ヶ月、日本は震災に見舞われた。重苦しい空気の中で、DUCは活動を継続していた。ゲイリーから一本のメールが届いた。
 今秋に発売になるSounds の新しいCDにおいて、複数の曲を一緒に歌って欲しい、というのだ。DUCと、Soundsだけで、アルバム中の2曲を歌う。
 僕らは炎を灯された。世界クオリティーの音に一体どうやったら近づけるのか。週に7日のリハーサルを行い、エンジニアの富氏の手によりデータを仕上げ、アメリカへ送った。
 そのアルバムは翌年、アメリカ黒人音楽の最高権威、NAACPイメージ賞(ワールドミュージック部門)を受賞した。ホイットニーや、ジェームスブラウンが受賞して来たあの賞を、Soundsのアルバムが受賞。ゲイリーの僕らへの一言は、「おめでとう!」だった。


2016年、僕、木島タローは、Voices Of Japan (VOJA)を育てたプロデューサー那須雅之氏と、Soulmatcisのファーストアルバムなど数々の音楽家育成事業を手がける大庭泰三氏とともに、Power Chorus 協会を設立。
The Sounds Of Blackness は、今もそばにいて、このムーブメントをサポートしてくれる。

Power Chorus 協会 ウェブサイトMenu